IntraVue - 通信機器の通信状態監視


IntraVue概要:

IntraVueは、完全にウェブベース化されているため、既存の社内ネットワーク内にインストールでき、遠隔操作で確認したり管理することが簡単にできます。シンプルなLANから複雑なmulti-Vlan Ciscoネットワークまで、IntraVueはリアルタイム状態表示を自動で、かつ正確に提供します。IntraVueは、工場内の監視システムのデバイスの通信異常状態をハイライト表示します。IntraVueのバージョン2には、最初のIntravueがリリースされた2003年から現在に至るまでに得られた4年間の経験が反映されています。世界中で400以上の IntraVue?がインストールされており、そこから得た経験やお客様からの情報によって、ARC社はネットワークに関する専門知識がないスタッフをサポートするための最適な方法を開発することができました。IntraVueはアラームの状況をハイライトするだけではなく、アラームのデーターも作成します。IntraVueの性能はすばらしく、IntraVueは配線接続後直ぐに自ら自動でネットワーク上のすべての監視システムのデバイスを見つけ、自動的にその接続状況を調査します。IntraVueは更に、問題のある箇所を色分けして表示しながら、絶えず通信確認してリアルタイムの情報を提供します。こらの理由から、インサーネットアプリケーション用として本製品が選ばれています。問題のあるところを自動的に検知することはできても、マッピングは手動の製品もあるし、現在の表示は確認できてもトレンド機能がないという製品もあります。これらとは対照的に、IntraVueは必要とされるあらゆる機能を、特定の問題やリソース向けに設計された使いやすいパッケージとして提供しています。


動作環境推奨スペック
OS

Microsoft Windows XP, Windows Server 2003

PC

・Processor - P4 1.0GHz

・System Memory - 256MB.

・Available hard disk space – System drive 70MB, Target drive 400MB.

・Graphics - Super VGA (1024 × 768 pixels)

・32 bits per pixel.

・DVD-ROM - Required for installation only.


ダウンロード
IntraVueカタログ
IntraVueBrochure_2009-06-15_EN.pdf
PDFファイル 1.1 MB